2007年08月05日

逢坂みえこ「べル・エポック」

【出版社】集英社
【発行年】B5版での1巻初版は1992年
【その他】文庫全7巻

exclamationネタバレ注意
【感想】
水瓶座 久しぶりに調べてみましたら、2003年発行の文庫7巻で完結していたのですね!(B5版は出ているのでしょうか?)音無君・綺麗ちゃんの関係にあこがれたものです、、この作品はそんな恋愛沙汰だけじゃなくて、仕事や友情や日々のちょっとした疲れやうれしいこと、をやさしく描いているところが魅力だと思います。シンプルだけどあたたかみのある絵もすてきです。(るり)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 逢坂みえこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逢坂みえこ「永遠の野原」

【出版社】集英社
【発表年】1-2巻1989年
【サイズ】
【その他】1巻巻末「桜色の姫」「彼の岸 此の岸」収録。

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
水瓶座 カキとクリでしたか、犬の名前・・。猫は好きでしたが、犬はウンチの世話とか散歩とかあって絶対買わないって決めていたんですが、「永遠の野原」を昨年9月ごろに読んで「犬も可愛いかな」と少し思ったところに娘が10月に拾ってきて・・・。ついつい手を出してしまいました。今は、カチンカチンに凍ったウンチを始末している次第です(T_T)。それほど、人を引き付けるお話でしたという話でした。強いて言えばもっと続きが読みたかったなあ。(01/03 トリ)
水瓶座 太君が好きですね。不器用なあたりがとてもイイ!!友情を大事にしているあたりもいいですね。でもよくもてますね。私の一番のお気に入りは小説家のお姉さんです。粋な感じが素敵。犬も大好きなのですねたり焼き餅をやいたり、可愛いですねぇ。(モリコ98/9/29)
水瓶座 いまも持ってる数少ない本の一つです。だめなんです。泣いちゃうんです。カキが死んじゃうとことか、二太が新しいお父さんを迎える時に、お母さんが前のお父さんを「裏切ってる」みたいな感情とか汲み取ってしまうと…。とくに、新刊が出るたび購入してた当時、二太郎とかと年代がいっしょぐらいでついつい感情移入してしまって、マリコさんへの恋心とか、なんか自分までマリコさんにほれてて、マリコさんを自分の方に向かせるための努力を真剣に考えてしまったりとか…。いまでも読むとつい目が潤んでしまう…。これって涙腺が緩んできただけ?が〜んやっぱりおやじ化してる…。そうそう、雲雀丘花屋敷駅の存在を知ったのはこの作品、って出身が田舎なのがバレバレ…。(Lin太99/12/19)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 逢坂みえこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。