2007年09月23日

王 欣太「蒼天航路」

【出版社】講談社
【発表年】1巻1995年発行
【サイズ】B6判
【その他】原作 李学仁(イ ハンギ)

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
(2004/8up)
水瓶座 もともと吉川英治や横山光輝のいわゆる三国志"演義"というものを読んでいたのですが、ある時期から中国史に興味が湧き、それに関連する本を読み始めたら、三国志"演義"というものに疑問を感じ始めてしまったんです。というのも、脚色しているものが多すぎて、本当の歴史を知ることができないからです。そんな疑問を持っている最中に出合った漫画がこの"蒼天航路"で、この作品にも俗に言う漫画の脚色等はありますが、最も史実に近い三国志漫画だと思います。法家の怪物である曹操をうまく描写してあり、これ以上の三国志漫画は今までになかったもので、三国志は一通り読んだ、という方にも是非読んで欲しいと思う作品です。もちろん普通の漫画として呼んでも、非常に楽しい作品だと思います。(降参した携帯)
--------------------------------------------------------------------------------
(2004/2掲載)
水瓶座 歴史物の漫画が基本的に好きです。日本の戦国時代や三国志など今まで60種類位読みましたが今までで一番面白いと思います、こんなに漫画にはまったのはどうくまんの暴力大将以来です、出てくる人物像がイメージとすごくマッチしていて何回も読み返しがききます(二瓶雅幸)
--------------------------------------------------------------------------------
水瓶座 僕の中で一生の作品だと思う。初め、書店に並ぶこの作品を、「三国志は光輝とKOEIやろ!」と本当に偏見でしか見ることができなかった。試しにペラペラとめくったその第一印象は「このペンのタッチとラインは無理やわ。」と俗に云う路傍の石並みの匂いがした。しかし、『天の知る所人の知る余地無し』、読解力の優れた友人に勧められて読んだ漫画は、どんな漫画よりどんな小説よりどんなドラマよりどんな映画よりも今、僕を支配している。決して主人公に総意を与えない。つまり主人公に読者全員を魅了させようという描写なく、本当の意味で全員が主人公なのだと云わんばかりに輝くキャストに心が躍らない人はいないでしょう。よく似た顔によく似たストーリーばかりが目立つ最近の漫画(作者)があまりにも小さく映るほどの大作!! 「人生とは?生きるとは?俺をもっと見てくれ!!」など自問自答に溢れる人にこそ読んでほしい作品!!是非是非ご賞味あれ!!!p.s.個人的にですが、好きなキャラクターは陳宮と典韋。好きなセリフは、周喩の「君の無謀に我が神算を加えて孫呉の鬼謀とす」(?)と、曹操の「なんと素晴らしい!ひとつ間違えば悪鬼羅刹となりかねぬ兵士たちだ。心中に響きあうものを抑えきれぬ!天道に我が道が見えてくるぞ」(?) 探してみて下さい。(2003/10/29 mischief)
水瓶座 歴史漫画でおーい竜馬以来はまっている漫画です。今は27巻まで出ています。素晴らしい作品です!(2003/7/25 小雪)
水瓶座 従来悪役だった曹操を中心に描く新鮮な三国志の世界。(雁)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
【関連する記事】
posted by 雁野 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 王 欣太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 蒼天航路『蒼天航路』(そうてんこうろ)は、原案・李學仁(イ・ハギン)、漫画・王欣太(きんぐ ごんた)による漫画。1994年10月から2005年11月まで「モーニング (漫画雑誌)|モーニング」で連載さ..
Weblog: このマンガが読みたい!
Tracked: 2008-02-20 09:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。