2007年09月23日

水樹和佳「イティハーサ」

【出版社】集英社
【発表年】1巻1989/10/18 2巻1989/10/18 3巻1989/11/20 4巻1989/11/20 5巻1991/7/20 6巻1993/3/20
【サイズ】新書版、四六版【その他】

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
水瓶座 ほんとに、ほんとに、イティハーサが大好きで、自分の子供に たかやと付けてしまいました。それは、6年前の事です。その頃は、まだこの漫画は終わってなくて、それでも、どうしても たかや と名づけてたくて、今、すくすくとほんと、かっこよく、やさしく、かしこく育った たかやを見るたびに、この名前にして良かったって思う毎日です。ちゃんと、最後まで読みましたよ。もちろん!実は、女の子が産まれたたら、とおこってつけたかったんだあ。この漫画に出会った頃は、中学生でした。ほんとに、その頃から、自分に、男の子が生まれたら、絶対にたかやって付けるつもりでいて、その思いが現実になって、私は本当にうれしいです。(0109 きよたか)
水瓶座 緻密なイラスト、緻密はお話。圧倒されました。神様の美しさにはため息ものでした。桂、よかったね。 それ以外には考えがまとまりません。ええもん読ませてもらいました。・・にしても「イティハーサ」の意味ってなんでしょうかねぇ・・・(0107 アユミ)
水瓶座 ファンタジーや神話類が大好きな私にとってお気に入りの一つです。でも連載が途中とぎれたり、休みが多かったのでちょっと中だるみな感じがして。。。一度そういうことを感じてしまうとなかなか話にのめり込めなくて悲しいですね。でも私にも翼が生えないかなぁとか、身体の変化の痛みをまるで自分のことのように思えて、なかなかの力作ですね。(モリコ98/10/1)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 水樹和佳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎 駿「風の谷のナウシカ」

【出版社】徳間書店
【発表年】1巻1983年 2巻1983年 3巻1985年 4巻1991年(第25版) 5巻1991年(第2版) 6巻19913年 7巻1995年
【サイズ】B5版
【その他】

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
(2004/8up)
水瓶座 いやー。いい作品です。個人的には映画の方が好きですがマンガ版も負けず劣らずいい作品です。映画ではあまり目立たなかったクロトワさんもマンガでは大活躍。さらにクシャナさんがナウシカの次くらいの目立ってます。ちなみに映画はマンガの冒頭の部分です。まあ4分の一弱くらいでしょう。映画では腐海の生まれた理由がはっきりとは分かりませんでしたがマンガでは完全に説明してくれます。真実には、かなりショックを受けますよ。ちょっと内容が難解です。(ヒラマツ)
--------------------------------------------------------------------------------
水瓶座 これを映画化するべきではなかった。漫画のほうがはるかにおもしろい。(2003/9/23 タコス)
水瓶座 こう言っては何ですが、これを一度読んでしまった後は映画の方の“ナウシカ”では満足できなくなってしまいました。映画の「救い」「癒し」のような感動的な雰囲気に昔は惹かれていたものですが、この作品に横たわる底知れぬ深さ、文明を持った唯一の生き物“人類”の背負うべき「業」ともいうべきものの描き方に今ではすっかり魅了されてしまっています。それぞれの正義。それぞれの悪。風の谷にには風の谷の道が、トルメキアにはトルメキアの道が、けして一言では言い表せぬ人々の生き方がとても印象的でした。とはいえ最初に読んだ時は映画とのあまりの違いにショックだったこともあり、とても時間がかかって大変でした。しかし読み終わった後は、映画を見た後の何倍もの満足感があったものです。最後に個人的なことですが、私はこの作品中のクシャナ殿下がとても気に入っています。(2002/10 緋桐)
水瓶座 同名の映画とは別の感慨が味わえるとても深遠なお話。自然と人間の共存。いや、自然からみると人間など細胞のひとつにすぎないのか?ストーリー展開にハラハラしながら、そんなことを考えていたら、一気に読み終わってました。(悠)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 宮崎 駿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美内すずえ「妖鬼妃伝」

【出版社】白泉社文庫
【発表年】1995/12
【サイズ】文庫本
【その他】同時収録「白い影法師」「みどりの炎」

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
水瓶座 美内すずえのこわーいシリーズ・・。この人のはほんとに怖いよぉぉ。人形って、見てるだけでも怖いのに、それが大量に出てきて、くるっと振り返るとみんなこっちを見てるシーンがあって、それが怖いのなんの・・。同時収録の「白い影法師」では、机の下から、幽霊がのぞくシーンが!!寝るときに限ってそんなのを思い出したりして・・。こわーーーーい!!(PAKU1998/12/7)
水瓶座 わたしの初めての美内体験は実はコレで、いやもー鮮烈でした。おかげでしばらくは美内すずえといえば「こわい(マンガを描く)人」でした。なになに、文庫には「白い影法師」も入ってる!? これは、これはこわすぎる〜。(雁1998/12/7)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 美内すずえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美内すずえ「黒百合の系図」

【出版社】白泉社
【発表年】1978/1
【サイズ】新書版
【その他】花とゆめコミックス/表題作(1977年ララ9〜12月号掲載)ほか「泥棒シンデレラ」(1975年花とゆめ24号掲載)収録

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
水瓶座 これこわい〜。いつ読んでも絶対恐いです〜。私の「恐いマンガ」原点でもあるからなんですけどね。ひところまんぱら掲示板でも話題になってたんですが、当時美内すずえといえば「恐い(マンガの)人」でした(^^)。(雁1998/11/23)
水瓶座 私もとっても恐かった。夜、部屋に置いておきたくないほど。でも、別の意味で「泥棒シンデレラ」も恐かったです。あれがハッピーエンド(?)で終わったからいいものの…(園98/11/28)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美内すずえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美内すずえ「ガラスの仮面」

【出版社】白泉社
【発表年】1巻1976/4
【サイズ】新書版
【その他】花とゆめコミックス
【カバーは語る】「昭和51年花とゆめ第1号より連載された「ガラスの仮面」は、ベテラン美内すずえが久しく想を暖めた素材に、熱っぽく取り組んだ激情の大型ドラマです。舞台のあのスポットライトに、運命的に魅せられた少女マヤの足跡を追って、作者の筆はますますドラマチックに展開します。」(1982年発行の1巻第31刷カバー袖より)

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
(2004/8up)
水瓶座 ガラスの仮面との出会いは小学1年生のころです。それから15年近くずっとファンです。
ガラスの仮面の文庫本、23巻の終わり方は、心臓がしめつけられるほど苦しくて苦しくて…
マヤの恋が結ばれてもむすばれなくても、つづきがあると信じている私にとっては、今の状態は残酷すぎます。
どうかこの話がクライマックスをむかえることを心から願っています。(ゆう)
--------------------------------------------------------------------------------
(2004/5掲載)
水瓶座 ガラスの仮面、もう大好きで何度も古本屋に足を運び、福島県在住にも関わらず、新宿紀伊国屋にまで足を運んだのに、41巻以降出てないなんて!終りが近づいて、いよいよクライマックスってところで終わっちゃてて残念。もしかして作者さんの身に何かあったのかとも心配しましたが違うみたいだし、とにかくただ待つのみ・・・。(真船ちゃん)
--------------------------------------------------------------------------------
水瓶座 小学生の時から夢中で読み、全巻を買いそろえて新刊を待っていましたが、そんな私ももう三十ン歳。4人の子持ちとなっています。本は実家で母が大切に守ってくれてます。美内先生は今どうなさっているのでしょう?新刊が出る予定はちゃんとあるの?とにかく早く早く、続きが見たいです。(2003/2 solo6852)
水瓶座 ガラスの仮面めっちゃ大好きです!!!早く新巻でないかな・・・(2002/8 恵林檎)
水瓶座 「ガラスの仮面」いったい、いつになったら最新巻が出るのでしょうか?とても、とても楽しみにしているのに・・・。これは、私だけのわがままな意見ではないと思います。単行本一冊出るのに、いつも何年も待つ読者のことをもうすこし考えてもらいたいです。(0203 みきりん)
水瓶座 「ガラスの仮面」の続きをみたいのですが、なぜでないのでしょうか?私が高校生の時、いやもっと前かも・・・。とにかくずっと前から全然続きが見れません。早くみたいよー。(01/06 ロビン)
*終わるのか?終われるのか?終わって欲しい…待ってます。(雁)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 18:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 美内すずえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆川亮二「DLIVE」

【出版社】
【発表年】
【サイズ】
【その他】

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
(2004/7up)
水瓶座 高校生の斑鳩悟(17歳)は世界的に有名な人材派遣会社ASEの専属ドライバー。ASEの仕事は日常に起こるかもしれない、大惨事から、世界規模のテロ事件、政治的な事件まで何でも依頼があれば、その任務をこなすための人材を派遣すること。師匠の百舌鳥創になかなか一人前に認めてもらえず、どんな依頼をこなしても、一万円しかもらえない悟だけど、運転技術にいたっては、バイクからゼロ戦、潜水艦、パワーボートetc…と、超一流。普段の悟は平々凡々な高校生でその上、バカがつくようなお人よし。そのため、自分がものすごい難事件を解決して、そのために闇の組織からねらわれている自覚も全くない。そんな悟ですが、とにかく内容は超一流。「がんばれー!!」と、思わずエールを送りたくなる?ちょっとした、スパイアクション物?です。(ふみょ)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 皆川亮二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆川亮二「ARMS」

【出版社】小学館
【発表年】1巻1997/11/01発行
【サイズ】
【その他】原作 七月鏡一 少年サンデーコミックススペシャル

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
水瓶座 最後まで見たがめっさ面白い!っていうか感動!ことばの一つ一つがぐっとくる!もうおわってしまったが、またこのようなグッドな作品をつくってもらえればウィ―ね!(2002/9 K.Y)
水瓶座 この作者、大好きです。前のスプリガンもすーごい好き。友情!愛情!そして戦い!少年マンガって感じの流れにもかかわらず、こった設定で、なんていうか好きです〜。絵も独特でいいです!(2002/6 きょん)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 皆川亮二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆川亮二「SPRIGGANスプリガン」

【出版社】小学館
【発表年】1巻1991/7
【サイズ】B6版
【その他】原作 たかしげ宙  少年サンデーに掲載

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
(2004/11掲載)
水瓶座 一番の見所は戦闘シーンです。10年以上昔の作品なのに全然古さを感じさせません。それに、いろいろな超古代文明の遺産や遺跡が登場してロマンを誘います。しかし後半はストーリーや遺跡そっちのけでバトルだけになっていたのが残念。(ヒラマツ)
--------------------------------------------------------------------------------
水瓶座 アニマックスで観ました!!あれはスゴイっすごいです!かっこいー♪格闘シーンがめちゃめちゃ良いです☆格闘技好きにはたまらんですよ♪(2002/10 沙生)
水瓶座 これは映画にもなりましたよね。考古学系の話が好きな方にオススメです。高校生がある民間組織のスパイで・・みたいな話です(わからんっちゅーねん)結構難しいんですよ。専門用語チックなのがでてきたりして。主人公が修学旅行に行くっていう話があるんですけど、その回が一番好きですね。(0204 きょん)
水瓶座 超古代遺跡に封印された太古の知恵を守るスプリガンたちと巨大軍事シンジケート「トライデント」や大国との戦闘。終盤は地球(ガイア)の一部たる人類のあり方を模索する展開へ。神秘的なもの、神話・伝承などに興味のある人にオススメ。(注:過激な戦闘シーンあり)(雁)
-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 皆川亮二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

的場 健「サイコドクター」

【出版社】講談社
【発表年】1巻 1996年 2巻 1997年 3巻1997年 4巻1998年 5巻1999年 【サイズ】B6版
【その他】原作 亜樹直/モーニングKC 6巻末に原作者による取材メモ収録

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
水瓶座 タイトル通りの心理カウンセラーもの。宗教にはまった女、妻が信じられず悩む夫、架空の恋人に入れ込むOLなど比較的ホットでいかにもありそうな問題を設定。原因や解決はだいたい想像がつく通りだけど、描かれる過程はなかなか説得力と迫力があって読ませる。おどろおどろしくもないけどきれいすぎることもない絵がお気に入りです。(雁)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 的場 健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ますむらひろし「アタゴオル物語」

【出版社】朝日ソノラマ
【発表年】1巻1987/10/31 2巻1987/11/30
【サイズ】B5版
【その他】マンガ少年掲載(1976年〜)/全6巻で完結。ますむらひろし作品集(朝日ソノラマ)全10巻:1アタゴオル物語(1)影切り森の銀ハープ 2アタゴオル物語(2)ボデ原のサンバ 3アタゴオル物語(3)ぱるぱらん 4アタゴオル物語(4)左ききの楽園 5アタゴオル物語(5)水晶散歩 6アタゴオル物語(6)風を編む 7ヨネザアド物語 8アタゴオル・ゴロナオ通信 9ジャングル・ブギ 10夢のスケッチ

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
水瓶座 シチューのコマーシャルに出て来るヒデヨシはとってもかわいいと思ったけど「あたごーる物語」の中のヒデヨシは、ちょっと違うキャラクターでびっくりでした。それに内容も、ちょっと残酷かなと思えるところもあって、凡人の私にはちょっと馴染めない世界でした。(&98/10/15)
水瓶座 同感です。3巻以降の購入はしばらくなさそう・・・そのうち魅力が分かるようになるかしらん?(雁98/10/16)
水瓶座 えっと、ハウスシチューのCMのイメージで『アタゴオル物語』読むと確かにギャップあるかも。アタゴオルシリーズはますむらひろしのライフワークとして描かれているマンガで、年代別にシリーズ分けすると『アタゴオル物語』『アタゴオル玉手箱』『アタゴオル』の3シリーズに別れ、ハウスシチューのCMで使われているヒデヨシは『〜玉手箱』シリーズ以降のヒデヨシをモデルにしていると思われるので。さすがに『アタゴオル物語』20年以上昔の作品ですし、今読むとちょっとアナクロな絵柄とか、ストーリー全体を貫くダークなトーンなどがアタゴオル読み始めの方にはキツイのではと思われます。MOE誌に掲載誌を移して再開された『アタゴオル玉手箱』くらいから読み始めるとアタゴオルの世界に入りやすいでしょう。全体的にストーリー、登場人物達の性格などが優しい感じになっています。これ以降のシリーズで重要なキャラになるツキミ姫もこのシリーズ最初に登場しますし。ヒデヨシは特に可愛いキャラではないです。彼はアタゴオル世界におけるアナーキスト、(ものすごく良い解釈をすれば)自由な精神の象徴という役割が与えられているので。まぁ、迷惑極まりない奴って感じです。アタゴオルシリーズ他、ますむらひろし関連の著作物はhttp://www.pat.hi-ho.ne.jp/raum/Atagoul/index.html(2002年3月現在リンク切れ:管理人)を参考にされるのがよいと思います。ますむらひろしのマンガほとんど読んでる僕が思うに、ますむらひろしってキャリアの割には画、特にうまくなってないし、一話一話の流れもけっこうパターンにはまっているんですが、その独自の世界観は登場人物、風景、小物などの造形、ネーミングセンス(アタゴオル→愛宕、ヨネザアド→米沢など)、どれをとっても他に並ぶものは無いです。ほんと、日本で数少ない真のファンタジー作家だと思います。(メビウス98/10/26)
水瓶座 続編(?)の「アタゴオル玉手箱」のほうが、コマーシャルのイメージに近いと思います。作者の独特な世界はそのままで、よりソフトに&楽しくなっています。私は大好き!(みや98/11/6)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ますむらひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王 欣太「地獄の家」

【出版社】講談社
【発表年】1巻 1992 10 23発行
【サイズ】B6判
【その他】アフタヌーンKC/作者 GONTA(現・王 欣太)

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
水瓶座 俳優(怪優)「北 晴郎」が、そのカリスマ性で周囲を地獄に落としていくお話です。・面白いマンガが好きな方 ・「いい絵」に飢えている方 ・芸能人に興味ある方 ・「エゴ」「家族」「強い父」に感心のある方 ・「自分は頭がいい」と思っている方に是非お勧めします。 登場人物の殆どが芸能界関係者なので、どのキャラが(現実の芸能人の)誰をイメージして創られたのか、当ててみるのも一興です。(sikemoku99/5/5)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 王 欣太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王 欣太「蒼天航路」

【出版社】講談社
【発表年】1巻1995年発行
【サイズ】B6判
【その他】原作 李学仁(イ ハンギ)

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
(2004/8up)
水瓶座 もともと吉川英治や横山光輝のいわゆる三国志"演義"というものを読んでいたのですが、ある時期から中国史に興味が湧き、それに関連する本を読み始めたら、三国志"演義"というものに疑問を感じ始めてしまったんです。というのも、脚色しているものが多すぎて、本当の歴史を知ることができないからです。そんな疑問を持っている最中に出合った漫画がこの"蒼天航路"で、この作品にも俗に言う漫画の脚色等はありますが、最も史実に近い三国志漫画だと思います。法家の怪物である曹操をうまく描写してあり、これ以上の三国志漫画は今までになかったもので、三国志は一通り読んだ、という方にも是非読んで欲しいと思う作品です。もちろん普通の漫画として呼んでも、非常に楽しい作品だと思います。(降参した携帯)
--------------------------------------------------------------------------------
(2004/2掲載)
水瓶座 歴史物の漫画が基本的に好きです。日本の戦国時代や三国志など今まで60種類位読みましたが今までで一番面白いと思います、こんなに漫画にはまったのはどうくまんの暴力大将以来です、出てくる人物像がイメージとすごくマッチしていて何回も読み返しがききます(二瓶雅幸)
--------------------------------------------------------------------------------
水瓶座 僕の中で一生の作品だと思う。初め、書店に並ぶこの作品を、「三国志は光輝とKOEIやろ!」と本当に偏見でしか見ることができなかった。試しにペラペラとめくったその第一印象は「このペンのタッチとラインは無理やわ。」と俗に云う路傍の石並みの匂いがした。しかし、『天の知る所人の知る余地無し』、読解力の優れた友人に勧められて読んだ漫画は、どんな漫画よりどんな小説よりどんなドラマよりどんな映画よりも今、僕を支配している。決して主人公に総意を与えない。つまり主人公に読者全員を魅了させようという描写なく、本当の意味で全員が主人公なのだと云わんばかりに輝くキャストに心が躍らない人はいないでしょう。よく似た顔によく似たストーリーばかりが目立つ最近の漫画(作者)があまりにも小さく映るほどの大作!! 「人生とは?生きるとは?俺をもっと見てくれ!!」など自問自答に溢れる人にこそ読んでほしい作品!!是非是非ご賞味あれ!!!p.s.個人的にですが、好きなキャラクターは陳宮と典韋。好きなセリフは、周喩の「君の無謀に我が神算を加えて孫呉の鬼謀とす」(?)と、曹操の「なんと素晴らしい!ひとつ間違えば悪鬼羅刹となりかねぬ兵士たちだ。心中に響きあうものを抑えきれぬ!天道に我が道が見えてくるぞ」(?) 探してみて下さい。(2003/10/29 mischief)
水瓶座 歴史漫画でおーい竜馬以来はまっている漫画です。今は27巻まで出ています。素晴らしい作品です!(2003/7/25 小雪)
水瓶座 従来悪役だった曹操を中心に描く新鮮な三国志の世界。(雁)

-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 王 欣太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一条ゆかり「砂の城」

【出版社】集英社
【発表年】1977年連載開始
【サイズ】A5版
【その他】集英社SGC全3巻。文庫版全4巻。

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
水瓶座 1977年の作品なんですね…。パタリロと同時期に連載されていたんですね。パタリロはアニメになったり、いまだに続いていたりしますが。私は、昼メロから入った口なんですが、それ以前に有閑倶楽部を読んでいたんですが同じ作者とはにわかに信じられませんでした。一言で言えば時代が生み出した作品なんでしょうが、現在読んでみるといささか女の執念?が鼻につく嫌いがありますが、大映のドラマ(スチュワーデス物語、花嫁衣裳は誰が着る、この子誰の子等)で育ってきた世代には理屈ぬきで楽しめる話ですね。ところで、大場久美子主演の昼メロはDVD化希望!!!(2003/8/31 manparar)
水瓶座 10代の頃に読んだときは全然心に響いてこなかった作品。(むしろ暗すぎて何が良いのかわからず嫌いだった)なのに色々な恋愛を経て結婚もし、愛する人との別れや一緒に暮らせる事の幸せさを知った今、改めて読んでみると何と奥深い作品なのか。昔はナタリーに全く感情移入ができず、なんと暗く自分の殻に閉じこもったガンコな女!と彼女の行動・心理すべて否定的でしたが、今なら理解する事もできます。誰かを愛すれば愛するほど、エゴが強くなるのも、それを止めるのがどれ程難しいか。ナタリーやミルフィの悲しいまでの心理は、誰かを本気で死ぬほど愛した事がある人にはきっと笑えないと思います。彼女達の例は極端だとしても、女の本音・本心ってこんなものかもしれない。作中にもあるように、愛すれば愛するほど失う時が恐ろしい。今風の軽い恋愛・楽しい恋愛では、このような悲しみ・重みを背負うリスクもなければ、ナタリーの味わった幸福を手に入れる事もできないと思う。私はナタリーは最高に幸せな女性だったのではないかと思います。二人も心から惚れて惚れられた男性に出会えているのですから。ともあれ、同じ作品でも読む年代によってこれほど感動が違うのかという事。自分が年を重ねたことを実感させられました。しかし驚くべきは、一条ゆかりが20代でこの作品を書いたという事でしょうか。しかも自分と相反するタイプの女性、ナタリーを主人公にして、よくこれ程までに心理を追えたものだと関心しました。すごいです・・・。(2003/7 marika)
水瓶座 つい一昨日よんだんですが、最初の展開の速さが凄い!笑っちゃうほどの急展開(しかも不幸の嵐)に衝撃をうけます。登場人物たちそれぞれの『愛憎』が激しすぎて圧倒されっぱなし。しかもジメーーっとした感じにさせないのが一条ゆかりのかっこいいところ。とにかく愛!愛!愛!愛に生き、愛に死ぬ!ナタリーに感情移入できたらあなたはもう立派な愛の殉教者になれることでしょう(笑)。エンターティメントとして傑作です!(2003/4 姫川亜弓)
水瓶座 彼女の作品は小学生の頃から読んでいて大好きな人ですが、砂の城は一番キライな作品です。だいたいナタリーに感情移入できない。なんでそんなにフランシスにこだわるの?なんであのアメリカ人(名前忘れました)じゃダメなの?そんなにつっぱらなければ、まわりの人だって幸せなのに・・。とか考えてしまいます。私は一条ゆかりという人間にも興味を持っているので、エッセイなども読んだことありますが、彼女もナタリーのような女が嫌いで(自分の作品なのにね)いじめたというようなことをかいていました。ヤングフランシスは、早くナタリーのことは忘れてミルフィーと楽しく青春してほしいです。(2003/3 れなまま)
水瓶座 この作品は人間のいろんな弱い部分を追求している作品だと思います。 人生は砂の城のようなものということはある意味当たっているのかもしれない。でも人間生きた数だけ苦しみが増えしがらみが増え、なかなか自分の欲望の赴くままには生きてられない。自分の気持ちに正直すぎるほど純粋に一人を愛し続けたナタリーは幸せすぎる人生ともいえる。苦しいがゆえに孤独を選び相手を思いやる気持ちと自分を守りたい気持ちとの葛藤は究極の選択とも言える。(2002/11 ささっち)
水瓶座 初めて読んだ一条ゆかり先生の作品です。当時は小学生でただただ暗くて発狂した世界だなーと眺めていたのですが、今読み返すとこれが奥が深い。 
 主人公のナタリーの思い込みの激しさ、昔の恋人へ激しい思い、彼の子供を引き取って彼と同じ名前をつけてしまう欺瞞さ、同時に愛情豊かで、純粋で、優しくて。お嬢様育ちから来る視野の狭さなのでしょうが、それも良しと思えてしまうくらい女性的な魅力に溢れています。女性の感性の両極端を兼ね備えた性格は本当の意味で女性らしいと思います。周囲の人間達がまた彼女にやや甘いと思うのと、彼女自体に寛大さが有れば・・・。
 色々考えてしまうのです。かつての恋人の子供が成長してその彼を受け入れたのは良いけど、自分より16才も下の彼にかつて4才年上だった彼の父親のような思慮を求めている・・・姿が同じだから自分の中の時間軸がずれてしまったのかなーなんて。18才の彼に34才の女性の女心を推し量れと言うのも無理な話で。当の彼はその嫌みのひとかけらも無い素直さが魅力なのにそれが結果としてナタリーを破滅に追いやる・・・かつての自分に良く似た、それ以上の思い込みが激しくて情熱的な少女に追い詰められるのも皮肉な話です。
 もう一つ、このまんがの情景描写の美しさ。一条ゆかりのセンスの良さ。40年代から70年代のヨーロッパの風景、町並み。家具、装飾、車の描写は芸術的です。こちらもストーリーと同時に目を楽しませてくれます。 下手にドラマ化して舞台を日本に持ってきたら面白さが半減してしまいます。 やるならアニメ化して背景前半を資料を元にしてきちんと書いて欲しいです。もちろん舞台はフランスで。(2002/8 フィンチ)
水瓶座 昼ドラになりましたよねー。つまりそれだけドロドロ系な訳で・・。でも、一度読み出したら止まらない。中毒になります。この主人公のナタリーが女女した性格で(一条先生は苦手なキャラらしい)初恋の男をいつまでも忘れられないというのが最大の悲劇だと思う。ま、忘れたら、この物語は成り立たないけどね・・・。(笑)でも、あそこまで人を愛し続けられるというのはある意味幸せな事ですよね。(2002/8 まりも)
水瓶座 高校生当時、リアルタイムで読んでいた私。作品の暗さも思い出深いですが、「作者腱鞘炎のため休載」(本当にいきなり原稿が落ちてた)が、何と言っても思い出深い!! 覚えている方、いらっしゃるかな??(2002/8 秋山せつな)
水瓶座 有閑倶楽部から読み始めた私には砂の城は重かった。なんであんなに暗い!! 同じ人の作品とはとても思えない。引き取った遺児に元彼と同じ名前をつけて育てるなんて自己欺瞞もいいとこ。あれを書いていたころの作者の心中は!?(花音99/10/10)
-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 一条ゆかり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一条ゆかり「有閑倶楽部」

【出版社】集英社
【発表年】1巻1982/12/18
【サイズ】単行本
【その他】りぼんマスコットコミックス/りぼん、りぼんオリジナル、コーラス掲載/同時収録:2巻「失せしわが愛」(1972年りぼん)、5巻「恋唄姫」(1984年りぼんオリジナル夏の号)、12巻「さびしい大人たち」(1989年ぶ〜け12月号)、14巻「だからぼくはため息をつく」(1993年コーラス)、15巻「愛でなんか死ねない」(1994年YOUNG YOU4月号)

exclamationネタバレ注意
【感想】(元サイトに頂いた投稿)
水瓶座 私の、有閑倶楽部で好きな話は、悠理と清四郎の婚約の回です。あのまま結婚してたらどうなっていたでしょう?。本当にあの二人には、付き合って欲しいです!!。月曜ドラマランドの時には生まれていないから、見たいなー!!。もう一回、ドラマ化して下さい!!。「りぼん」で再連載してください!!。コーラスと単行本も、今度チェックします!!。小学生の主張でした!!。(2002/9 葉子)
水瓶座 これを面白くないという人は居ないだろう。本当に面白い!読者がしてみたくも絶対出来ない「贅沢」を凄い規模で巻き起こしていく。最近はネタ切れの傾向を否めないが、10巻くらいまでは最高である。キャラそれぞれのラブストーリーもあり、しっかり少女漫画もしている。また、お気に入りにキャラを見つけるのを楽しみの一つだろう。ちなみに私は「魅録」が大好きである。あ、関係ない?(2002/7 ひろぷん)
水瓶座 陰謀・誘拐・殺人・幽霊、世界をまたにかけての警察とのおっかけっこにゴージャスな上流社会を舞台にしたハチャメチャなど何でもありのまさに痛快アクションコメディ。主役は個性(とお金と時間)溢れる6人の高校生(!!)。誰をごひいきにするかは、う〜ん悩むところ。一番人気は悠理らしいが。(雁)
水瓶座 本当に常軌を逸した話ですよ。。。お金持ちにもほどがあるって感じですね。でも砂の城が暗かったのに対してなにがあってもめげないところがいいですよね。痛快アクションコメディーと言ってもいいくらい。でもよくあんなになにかあっても生きてるもんだよね。でもやっぱり羨ましい。あのお金持ちぶり。(モリコ98/10/1)


-----------------------------
☆コメント、トラックバック大歓迎!
投稿はこちらまで
掲示板もあります 
-----------------------------
posted by 雁野 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 一条ゆかり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

ドラマ「有閑倶楽部」詳細

公式サイトいったってBBSしかないし
なんじゃこりゃ〜だったドラマ「有閑倶楽部」、
スポーツ報知で詳細を発見
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070918-OHT1T00095.htm

記事にはいろいろあるが要は

  主演 赤西仁=松竹梅魅録

ってことで、主役をミロクにするわけね
(その時点でちょっとどうかという気もする・・)

以下

  美童=田口淳之介
  清四郎=横山裕(この人26歳だって・・「拝啓父上様」はよかった!!
        あのキャラから、今度は清四郎かあww)
  野梨子=香椎由宇
  悠理=美波
  可憐=鈴木えみ

(それにしてもフシギなのは日テレ公式サイト、、
なぜ詳細をアップしないんだろう?? ジャニーズ絡み??)
posted by 雁野 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(1) | つぶや記☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

なんと〜〜2

始まっていた羽海野チカ新連載!
タイトル「3月のライオン」
掲載誌(なんと)ヤングアニマル・・白泉社だよ なぜに??

ざっとした内容がこちらのブログに
http://www.torumade.nu/weblog/tb-trmt.cgi/259

雑誌の表紙も飾っていたのね・・
http://www.7andy.jp/magazine/detail?accd=T0154772

単行本出たら即買い
もちろん、期待大、だいっ!
posted by 雁野 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶや記☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

なんとぉ〜〜

つい最近まで、BSアニメ番組で「赤毛のアン」をやっていたんですと〜〜〜

ショック・・・

久しぶりに持ち帰ったアニメサントラを今日になって聴き
やっぱいいわ〜〜と浸りながらなんとなくネットをさまよっていたら発見、
衝撃の事実・・・

放送終了からちょうど一ヶ月、今嘆いても詮方ないが、、
それにしても〜〜

わかってたら録画したよなー
くううぅぅ・・・
posted by 雁野 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶや記☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

「ガラスの仮面」蜷川演出で舞台化

http://www.asahi.com/culture/update/0904/TKY200709040341.html

マヤと亜弓はオーディションで選出!
応募資格は「16〜25歳(08年8月1日現在)の女性」とな・・・
てやんでぃ!(?)

しかし、、マヤと亜弓を選ぶオーディションか
それはあたかも、「ふたりの王女」のオーディションのようではないですか
選考過程自体作品とだぶるな〜
おもしろそう!!
posted by 雁野 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶや記☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

有閑倶楽部ドラマ化だそうで

主演は赤西仁だつーんですが、誰を演るの??
みろく(漢字を忘れました)??それとも清四郎??
美童はだれが、そして、女子3人組は??

とっても気になるも、詳細はいまだ不明
http://www.ntv.co.jp/yukan/

とりあえず10月16日火曜日10時スタート(日テレ)です
posted by 雁野 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶや記☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。